花のパワー

2018.08.20 無添加人の暮らし

ずいぶんブログをご無沙汰しております。
早いもので、すでに北国は晩夏のシーズン。
北国の夏はあっという間に過ぎ去っていくので、
一日一日、夏の風情を大切に味わい尽くしています。

さて、無添加住宅の夏はとても快適!
漆喰の壁が調湿をしてくれるおかげか、
サラッと空気が爽やかな感じがします。

真っ白な壁なので、にっくき(笑)蚊が家の中に入ってこようものなら、
すぐにわかります。
だから、蚊にかまれることも、わが家ではあまりないのです。

自然素材の中で暮らしていると、
自然に寄り添った暮らしがしたくなります。

家庭菜園のブルーベリーを摘んでソースを作ったり、
採れたてのキュウリをおやつにかじったり。

これは雑草のように庭に生えたイチゴちゃんたち。
ちょっと季節は前のことになりますが、
こんな小さな収穫がうれしかったりして。

家の中にも、自然を取り入れたくて、
花を飾ったりプランツを育てたり。

それも、頑張って飾る、育てる…というのはめんどくさい。
日々の忙しい暮らしの中のちょっとした彩り程度に。
さりげなくやるのが心地よいのです♪

リンゴジュースの空き瓶に
ちょこっと、うす桃色の花を。

キッチンカウンターに
爽やかなグリーンのシュガーバインを。

リビングのインテリアに、
赤いドライフラワー&プミラを。

赤と黄色のガーベラは、
部屋を元気に明るくしてくれます。

生きている花のパワーはすごい!

そこに花が一輪あるだけで、
ハートがうれしくなるんです。

花って、なくても別に生きていけるのだけど。
あることで、
なにか大きな癒しがもたらされます。

生産性や生きることに直結しないものだからこそ、
暮らしに余裕やリラックスを
もたらしてくれるのかもしれません。

暮らしに花を。
暮らしに自然を。

たくさんパワーをいただいてます。