色をそろえる

2020.03.22 インテリア

ずいぶんブログをご無沙汰してしまいました。

今年に入って新型コロナウィルスが世界で猛威をふるい、

家で過ごす時間が長くなっていますね。

 

外で気軽にランチをすることも少し気が引けて、

そうなるとキッチンに立つことが多くなりました。

 

無添加住宅では、キッチンの素材や引き出しの組み合わせなども

建てる人の要望に応えてくれる仕様になっているので、

わが家の暮らしにあった形で、とても使いやすいです。

 

たとえばキッチンの高さですが、

うちの場合は、背の高い主人も背の低い私も、中くらいの娘もキッチンに立つので、

91センチという一般家庭と比べると少し高めに設定しています。

 

でも、腰の少し上なので、もたれたときに腰が折れなくて、けっこうラク♪

フライパン調理の時はちょっと高いですけどね。

 

キッチン戸棚の素材は白桃のような色の「シンゴン」。

天板は御影石の「ピーチポリーノ」。

ピーチポリーノは、ピンクとグレーと白と黒が組み合わさった石でできています。

 

そこで、この自然素材の色を最大限に生かすために、

キッチンで使う色は、「白、黒、シルバー」と決めました。

 

冷蔵庫や水切り棚、鍋はシルバー。

炊飯器や電気ケトル、保温ポットなどは白。

アクセントに黒い鉄瓶やワインなどを置いて、色を引き締めます。

 

ブラシやスポンジ、タッパーなども、

白やグレイで統一すると、

空間に調和ができてまとまった感じになるのです。

 

ラップや食材の袋って、色がたくさんあふれていて、

ちょっと見た目にごちゃごちゃしてしまいますよね。

それらはキッチン横の納戸や引き出しの中に収納。

 

キッチンカウンターの上には、置くモノを厳選してすっきりシンプルに。

いつでも食材や調理した鍋、皿などをドカドカ置けるように、

空間を空けてあります。

 

それと、海外ではよく、キッチンにアートを飾っているのを目にします。

それを真似してちょっとした絵を飾る(100均の額縁ですけどね)。

 

フルーツなんかも置いておくと、

キッチンが一気に華やかに、元気になって、

そこに立っているだけで、気分がアップします!

 

色の調和をはかって、自然素材の美しさを生かすように配慮する。

さらにそこに、「空間とアートと果実」を。

 

キッチンが、所狭しと食材やキッチンツールであふれていると、

色が氾濫し、ごちゃごちゃした印象に。

そうなると、どうしても生活感があふれてくたびれた印象になります。

 

 

色をそろえてすっきり、シンプルに。

「空間とアートと果実」が

ちょっとした遊び心を演出してくれ、

心の余裕にもつながると思うのです。

 

そんなキッチンに立っていると、

料理を作ることも、労働ではなく、喜びになります♪

 

自分を喜ばせてあげる家作り。

楽しんでいます。