窓越しに見る

2018.05.31 インテリア無添加人の暮らし

わが家のバルコニーで、夜、星を見ることがあります。
ルーフバルコニーなので、屋根がなく、
お天気のいい夜は、見上げると、満点の星空。
何だか悩みもふっとんでいく解放感です。

で、そのバルコニーから部屋に入ろうとして、
窓越しに部屋の中を見る。
二階ホールに面した開き窓から、オレンジの明かりが漏れています。

 

アイアンの飾り、ペンダントライト、
小さな洗面台や丸いミラー。

外から中を見る想定で家を作ったわけではないけれど、
なんだかそこに、一つのストーリーを感じました。

不思議なのですが、そんなとき、
マッチ売りの少女のような気分になるんです。
窓の外から中を眺めると、やさしい明かりが漏れている。
あたたかい家族の気配が伝わってきて幸せの気配を感じる…
小さなころに見た絵本でも、よくそんな光景が描かれていたような。

わが家を外からふと眺めて、
一瞬にしてそんな気分になりました。

いろいろあって、いいことばかりではけしてないのですが(笑)
家の中を外から眺めると、
当たり前の幸せに気づきます。

オレンジの優しい光はいいですね。

そんなこんなで、
時々外から中を眺めています。