色をそろえるⅡ

2020.04.04 未分類

前回のキッチンにひきつづき、

サニタリールームも、色をそろえて調和をはかっています。

 

特にバスタオルなどのリネン類を新調するとき、色はとても大切なので、

慎重に選びます。

 

 

わが家のサニタリールームには、洗濯物を干すスペースがあって、

その下部分をキッチンの天板と同じく御影石のピーチポリーノを天板にしたカウンターにしています。

ピーチポリーノは、「白✕グレー✕黒✕ピンク」なので、

それに合わせたタオルにすると、洗濯物を干していても、

乾いたものを置いておいても、色の調和がとれて美しく見えます。

 

今回のバスタオルのチョイスは、白、ピンク、ラベンダー、ブルーグレー。

見ているだけでうれしい気持ちになります^^

 

さてさて、色の話ではないですが、このサニタリールームのカウンター、とってもお役立ちなのです。

どうしてかというと、濡れた洗濯物たちを

ポーンとカウンターの上に置いても御影石なら大丈夫。

水仕事をしたものも、そのまま置いておけます(洗濯機のフィルターとか)。

 

上で干した洗濯物をたたむのにも、カウンターがあればとてもラク♪

乾いた洗濯物をそのままポンポン落とすこともできます。

 

 

そして、カウンターの下部分は、

バスタオル(右)、家族のルームウェアや下着(左)←暗くて見えないですね、

シャンプー&トリートメントや洗濯グッズなどをしまう収納棚(最下段)になっています。

 

だから、洗濯物が乾いたら、カウンター上にポンポン置いていき、

それをたたんで、そのまま下の棚にしまえるというシステムです。

 

このカウンターの右横にはランドリーボックスと洗濯機が設置されているので、

「洗う→干す→たたむ→しまう」

という4工程が、一歩か二歩の動きでできるので、

家事動線がとってもラク。

 

脱衣所でもあるので、お風呂に入るときには、

まだ洗濯しないでクローゼットに戻す服なんかも

カウンターに置いておくことができます。

 

最下段にはアイロンも置いてあるので、

アイロン台にも早変わり。

 

少し余裕を持ってカウンターを作るって、

ちょっと贅沢かな~と思っていたのですが、

それがものすごく重宝して、暮らしをラクにしてくれました。

 

なにごとにも、ちょっとした余裕が必要ですね。

 

洗濯物という毎日の地味な家事も、

タオルの色を美しくそろえたり、

導線を短くしたり、

自分が楽しくラクにできる工夫をすることで、

素敵な作業になります。

 

そんなふうに、めんどくさい家事を、何とかこなしています(笑)