“加えない”という価値。無添加住宅

無添加住宅誕生のきっかけは、体調不良を訴える一人の女性との出会いでした。
わたしたちは、その体調不良の原因が家の中の空気、すなわち化学物質だと推測し(のちにシックハウス症候群と判明)、その原因を排除した家づくりを始めました。そこでお手本にしたのが、シックハウス症候群のなかった頃の昔の家づくりです。昔の家は土と木、そして草や紙などで構成され、バランスがとれていました。その考えを軸に、現代の家づくりに合うよう何度も吟味を重ね、自然素材に徹底的にこだわって完成させたのが「無添加住宅」です。

また、フランスとスペインに挟まれた小さな国「アンドラ公国」を訪れた際に、わたしたちは天然石や漆喰で造られた家の素材とデザインに感銘を受けました。その家は築300 年、400 年を経ても美しさを保っていたのです。その二つの要素が共生した家が無添加住宅。無添加住宅はただの健康住宅だけでなく、夏や冬も快適で、経年変化が楽しめ、本物にしかない素材感やデザインなどの価値を提供します。他にはない世界で一つだけの家、それが無添加住宅なのです。